トヨタのハリアーは高級SUVとして非常に知名度が高いです。

さまに日本のSUV市場の筆頭にいたものであるといえます。

ハリアーとレクサスRX

2代目のハリアーというのは海外ではレクサスブランド「RX」です。

物凄く海外でも人気がありましたが、それでも3代目ハリアーからはレクサス「RX」とは分離させられて、ハリアーとして発売されたわけです。

これによって、完全に独自路線になり、ハリアーブランドはさらに進化した、といえるでしょう。

ハリアーの魅力

とにかくハリアーの魅力は内装です。

内装・外装の高級感は他の追随を許さないといっても過言ではなく、意外と外連味のないデザインであることから、なかなかに評価が高いです。

大抵の車好きには、この車種は人気があります。

今では女性からの人気も厚いので、まずはSUVはモテる車として人気があるほどです。

既にハリアーは日本においてもステータスカーとして人気があるのは間違いなく、人からの評価が高い、というのも魅力でありね個人的に欲しいと思える理由でもあります。

居住空間・乗り心地に関してですが、こちらもさすがに高級車だけあって、かなりレベルが高いです。

ハリアーのメリットはステータス性とかプレミアム感であるわけですが、それだけでなく、乗り心地にもある、ということになります。

最初はどうしても大きめの車として売られていました。

これは海外がメインになっていたから、という経緯があるのですが、今ではサイズダウンされています。

このサイズダウンというのは、個人的には英断であったと思っています。

RXでは大きすぎる、と考える人がどうしても多かったからです。

小さくなったといっても、ボディ構造の改善によって前後席間の距離は12mm拡大しています。

そして、後列のシートの足元空間も広がっています。

実に47mmも広がっていますから、まさにコンパクト化と車内空間の拡大がなされた車といえるのです。

ハリアーの安全装備

さて、車というのは安全装備もかなり重要になってくることでしょう。

トヨタの肝いり車ともいえるようなものですから、安全装備についてもかなり充実性を高めており、プリクラッシュセーフティシステムとレーンディパーチャーアラートが採用されていることも注目したいところです。

燃費も極端によいわけではないですが、このクラスの大きさの車としては決して悪くないレベルです。

いろいろといいましたか、結局やはり内装、そしてデザインが最大の魅力です。